増加傾向にある求人

エンジニアは中高年になると、求人の数が極端に少なくなります。戦力として必要とされるのは、せいぜい30代半ばくらいまでです。そのため、それまでのキャリアプランを考えておかなければ、異業種への転職という形を取らざるを得ません。もちろん、それなりのキャリアプランを考えてビジネススキルを身につけているのであれば、管理職として求められます。しかし、プロジェクトマネジャーになると体力的に無理を生じてくるでしょう。
そこで取りうる選択肢は、まずエンジニアとして派遣に登録することです。エンジニアスキルに応じた仕事を割り振られるので、無理をしなければならないこともありません。ただし、安定して仕事が入るかは未知数といえます。求人数は多少少なくなりますが、社内SEであれば顧客からの無理な要求に対応することもないでしょう。よって、家庭も大事にしたいという人にとっては、大変人気のある働き方です。あるいは、IT化を進めたい中小企業向けのコンサルタントとしての募集も見かけます。豊富な経験を活かせるのが特徴です。最も安定して仕事ができる分野として、パソコン教室の講師としての需要も増えています。高齢者でもパソコンを使いはじめる人が増えていることを受けて、教室の開設が増加しているのが背景です。給料は多少下がりますが、やはり人気の高い転職先といえます。
このように、現役のエンジニアとして留まることは難しいものの、さまざまな方面で中高年のエンジニアが必要とされているのです。やはり、その豊富な経験を求められているということではないでしょうか。

Leave a Reply